ネズミ駆除や害獣退治で被害を最小限にシャットアウト

作業員

白蟻駆除はすぐ業者へ

薬剤を減らすベイト工法

男性

白蟻は放っておくと被害がどんどん広がるために、早急に白蟻駆除をする必要があります。ただ、この時に一般的には薬剤を周囲に、健康や環境への影響を心配する声もあります。そこで薬剤を気にする人に人気の白蟻駆除の方法がベイト工法です。 ベイト工法では、ステーションと呼ばれる容器の中に白蟻の餌を入れ、白蟻から守りたい家の周囲に設置します。その後、ステーションに白蟻が来たら白蟻にとって毒がある餌のベイト剤を白蟻に与え駆除する方法です。 ただ、どの方法にもメリットとデメリットがあり、このベイト工法も万能という訳では無いです。そのために、ベイト工法が適さない場面もありますが、使用する薬剤の量を最小限に留める事が出来るので、白蟻から家を守りたいけど薬剤が心配だという人に人気があります。

より効果的になるのでは

白蟻駆除を行う際には、過去には薬剤を用いてとにかく駆除が出来れば良いと考えられており、薬剤の人体や周辺環境への影響はあまり考慮されていませんでした。そして、白蟻駆除のやり方によっては大量に薬剤を撒いてしまい、周辺環境に使用した薬剤が残ってしまい、井戸水が汚染されるといったトラブルが発生した事もあります。 そうした出来事があったために、現在では使用する薬剤の影響の事も考えて、人体や周辺環境への影響を極力抑えて安心して使える薬剤を用いたり、効果的に利用する事で薬剤の使用量を少なくするように進化していきました。 白蟻駆除はこのように技術的な進化をしていて、徐々に問題点が改善されるようになってきている事からも、今後もより良い方法で駆除するように駆除方法が研究・開発されていくと考えられます。